So-net無料ブログ作成
セールスドライバー様へのお知らせはこちらへ 福島第一原発情報カメラシステム(LIVE)はこちらへ HP作成講座 HTML CSS JavaScript タグ一覧はこちらへ J's GOAL - Jリーグ公認ファンサイトはこちらへ totoONE|宝くじ、ロト6と並ぶ高額当せんくじBIG・toto・mini toto・totoGOAL3の予想・攻略法が満載はこちらへ お食事図鑑はこちらへ 引っ越し相談&掲示板はこちらへ So-netニュースはこちらへ むし歯の予防方法はこちらへ 歯の白さを守ってくれる食材はこちらへ エクササイズはこちらへ ラジオ体操第1・第2はこちらへ ツイートお気に入りはこちらへ 健康カテゴリはこちらへ 食品の暫定基準値はこちらへ 環境汚染広域観測システム研究所はこちらへ楽天市場でお買い物の際は、こちらの商品リンクページからも宜しくお願い致します。楽天市場 最安値商品価格ナビ

検索窓
楽天市場

良品激安思惟!情報交換できる新サービスのSo-net広場

明るい光 余命1年の手の付けられない末期肺ガンが消失 右肺から食道、リンパ節に転移してステージ3B 末期がんを免疫療法で克服 [健康]







いつか役に立つかも知れない情報なので
Myドキュメントに全て保存しました。
永久保存版です!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

原因はブーツじゃない!基礎代謝を上げて冬の「むくみを予防する」食品5つ [健康]

基礎代謝アップにオススメの食材5つ


(1)しょうが
(2)とうがらし
(3)根菜類
(4)納豆
(5)青みかん


実は冬場はむくみを感じやすい季節。というのも、気温の低下に伴い、体温も下がり、そして筋肉の動きが鈍くなり代謝も低下してしまうため、むくみが起こりやすい状態になってしまっているのです。

寒さから活動量が減り、行動範囲も狭くなることで、体の血液循環も滞りがちに。そこで、むくみ予防のために、基礎代謝アップに繋がる食材を食事に取り入れて、体の中から改善していくことが大切です!




原因はブーツじゃない!基礎代謝を上げて冬の「むくみを予防する」食品5つ
http://www.news-postseven.com/archives/20151102_361707.html







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

早起きで脳卒中や糖尿病リスク高まり寿命縮める説はホントか [健康]

お家に居る時は、
その日によって違いますが
パターン1
22時(就寝)~6時(起床)
パターン2
0時(就寝)~7時(起床)
パターン3
1時(就寝)~8時(起床)

いつも夜中に2~3回は目が覚めますね。

ひと昔前は、
睡眠時間が3時間弱ぐらいで
朝目覚めた瞬間から
睡眠不足な状態で
睡眠不足で死の恐怖を感じる程です。

昔と比べると幾分改善されています。


貴重な時間ですので
有効活用したいものです。



早起きで脳卒中や糖尿病リスク高まり寿命縮める説はホントか
http://www.news-postseven.com/archives/20151031_360778.html


 英オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員であるポール・ケリー博士が、英国の科学イベントで発表したそんなレポートが大きな話題となっている。

 世界中の人間の睡眠パターンを分析したというケリー博士は、朝6時以前に起きる人は、朝7時以降に起きる人に比べて、心筋梗塞や脳卒中など循環器疾患の発症リスクが最大4割も高く、さらに糖尿病やうつ病など循環器以外の病気でも2~3割程度、発症リスクが高くなるという。

 他にも、早起きによりメタボリック・シンドロームや糖尿病、高血圧などのリスクが増し、集中力や記憶力の低下も招くというのだ。渦中のレポートの根拠についてまとめるとこうだ。

 彼によれば、世界中のあらゆる人の睡眠パターンを分析した結果、個人差はあるものの、起床時間をはじき出すことに成功。

青年期(15~30才)であれば朝9時、壮年・中年期(31~64才)なら朝8時、高年期(65才以上)だと朝7時としている。

また起床後の活動時間については青年期は11時、壮年期・中年期は10時、高年期は9時が最適だと述べている


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

えっ…秋冬はがんリスクUP!? 不足するとアブナイ「大事な栄養素」の効能6つ [健康]

食品から十分な量の栄養素を摂るのが
難しいといわれている「ビタミンD」。

そのビタミンDの効能

(1)体重増加を防ぐ
(2)高血圧・心臓疾患の予防
(3)がんの予防
(4)うつを防ぐ
(5)骨を強くする
(6)免疫機能を高める

ビタミンDはこうして摂取 ビタミンDは太陽の光を1日15~20分程度浴びることで体内に生成されます。




えっ…秋冬はがんリスクUP!? 不足するとアブナイ「大事な栄養素」の効能6つ
http://www.news-postseven.com/archives/20151022_358901.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「貧乏ゆすり」は悪癖にあらず 長時間座位の死亡リスク減少 貧乏ゆすりの健康効果 [健康]

貧乏ゆすりの健康効果


ホルモンの分泌に悪影響を及ぼして中性脂肪を燃焼する効率が低下
(所謂、肥満ですね)
善玉コレステロールの減少
血管の機能が低下して血液の循環が悪化
心臓発作
脳卒中
がんの発症リスク

等、のリスクを減少させる可能性があります。






 今年9月、英国で行われた「貧乏ゆすりの程度と全死亡リスクの関連」を解析した研究が「米国予防医学誌オンライン版」に報告された。

同国の37~78歳の女性1万2778人を前向き観察研究したものだ。

 研究者は「貧乏ゆすりが、長い座位時間に関連する全死亡リスクを減少させる可能性が示唆された」と結論付けている。

 中京大学体育学部の湯浅景元教授は、実験によって「貧乏ゆすりを3分間続けると、ふくらはぎの温度が1度上昇する」ことを確かめた。

これは、ウオーキングを20分続けるのと同じ効果で、冷え性の対策にもなるという。





「貧乏ゆすり」は悪癖にあらず 長時間座位の死亡リスク減少
日刊ゲンダイ 10月21日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/166941


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
お気に入りブログの最新記事一覧 (34サイト掲載中)

良品激安思惟!情報交換できる新サービスのSo-net広場

良品激安思惟!情報交換できる新サービスのSo-net広場